子どもの矯正治療だけで治る?

Pocket

子どもの矯正治療だけで治る?

こんにちは!

つくば研究学園矯正歯科クリニック 院長・秋山美文です。

前回お話した、子どもの矯正。

<子どもの矯正だけで、歯並びなどの症状が治るものなのですか?>

という、ご質問もよくお受けします。

結論からまた先にお話ししちゃいますと。

治る子もいます。

ただし、ほとんどのお子様は大人の矯正治療(歯にブラケットをつけてワイヤーでなおす)を継続したほうがいいと経験上思っています。

なかには大人の治療だけで、子どもの矯正治療が必要のない場合があります。また、子どもの矯正治療だけできれいな歯ならびが完成する場合もあります。

矯正治療には、1期治療2期治療とがあります

1期治療とは、子どもの矯正治療のことです。

あごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえる噛み合わせを治療します。

2期治療とは、大人の矯正治療です(本格矯正治療)

永久歯が生え揃ったところで、ブラケットをすべての歯につけ、ワイヤーにて治療を行います。
みなさんが歯の矯正というワードから一番想像しやすい、イメージの矯正治療かと思います。

子どもの矯正治療は、歯をならべてきれいにする治療というよりは(必要な場合はならべることもあります)、上下のあごの骨にアプローチして治療します。
あごの成長を妨げている原因となるものを取り除き、子どものあごの成長を助けてあげる治療です。

つまり、子どもの矯正治療とは、歯ならびや噛み合わせを整えるための土台作りの期間です。

その後、すべての永久歯に生え揃ったら(12歳前後)、ブラケットをすべての歯につけ、ワイヤー治療します。
この2つの治療により、歯ならびの完成となります。

このような理由により、子どもの矯正治療だけではなく、大人の矯正治療も必要なものなのですね。

子どもの矯正治療を開始して、歯ならびが完成するまでの治療期間としては、とても長く感じるかもしれません。
しかし、大人の矯正のようにあごの成長が止まっているため、歯を抜いたり、歯を削ったりという治療をするのではなく、お子様ご自身の成長発育の力を使うため、メリットがたくさんあると思います。

私は、歯を抜いたり、削ったりすることが悪いこととは思っていません。

よい歯ならびにするために必要なのであれば、実際にそのような治療をすることもあります。
また、大人の矯正治療では、そのような治療が必要になることが多いのです。

ところが、子どもの矯正治療をすると、大人の矯正治療(ブラケットとワイヤーによる)へ移行した時に、歯を抜いたりする必要がない場合もあり(症状によっては抜く場合もありますが)、治療期間も短縮できるため、早い時期からの子どもの矯正治療をおすすめしています。

お子様の矯正について詳しくお知りになりたい方は是非、お気軽にご相談くださいね!

029-875-6773

関連記事

  1. つくば研究学園矯正歯科クリニック

    上顎前突(出っ歯)について

  2. 前歯があいている?

  3. なぜ、こどもの時期から矯正治療をしたほうがいいのでしょうか?…

ご予約・お問い合せ

 

029-875-6773

診療時間

診療日/月曜~土曜日

午前10:00~12:00

午後14:30~18:30

休診日/日曜・祭日

※診療カレンダーをご確認ください。

ホームページ

住所

茨城県つくば市学園の森2丁目16-2

学園の森TOWN ※駐車場完備

アクセス

Facebook

【10月】【11月】の診療日・休診日

2018年10
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

が休診日です。

2018年11
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

が休診日です

おすすめ記事

リンク

がくえんのもり小児歯科さん