乳歯のときはキレイな歯ならびだったのに、だんだんデコボコしてきてる?

Pocket

こんにちは!

つくば研究学園矯正歯科クリニック 院長・秋山美文です。

乳歯の時にはとてもきれいな歯並びに見えていたんだけど・・・
永久歯に生え変わってから歯並びが悪くなったように見える・・・

お子様の歯の生え変わりの時期になってくるとそんな親御さんから心配の声をいただきます。

乳歯のときはキレイな歯ならびだったのに、だんだんデコボコしてきてる?

乳歯列期(永久歯が生えてくる6歳くらいまでの乳歯のみの歯ならびのこと)の歯ならびとは、歯と歯の間にすきまがあるのが、正常な歯ならびです。

乳歯のときはきれいな歯ならびだったのに、なぜか永久歯が生えてきてからでこぼこになった、と言われることが多いのですが、乳歯列期に、きれいな歯ならびが決していい歯ならびではないので、永久歯列期(乳歯がすべて抜けて、永久歯にはえかわった歯ならびのこと:12歳くらいから。)になると、デコボコになることが多いのです。

デコボコの原因は?

遺伝的な要素は、もちろんありますが、その他に歯の交換する時期や、歯が生えてくる順番や、場所が正常ではなかったりといろいろあります。
また、乳歯が早期に抜けてしまったことにより、隙間がなくなったりします。
歯が大きいことも原因の1つですが、歯の大きさは、大体が平均値か、少し大きい程度です。
そのため、歯が大きくみえるのは、あごが小さいことが原因の1つです。

そのままにしていると、どんどんデコボコの度合いが大きくなってきます。

あごの成長が止まる永久歯列期から治療を開始する場合、歯を抜いて治療しなければならなくなります。
また、清掃性が悪くなるため、虫歯になりやすくなります。

どんな治療をするといいのでしょう?

どんな治療をするといいのでしょう?

小学校高学年(この時期になると大人のあごの大きさに近くなるため、あごの成長を利用する治療が難しくなります。)になる前に、あごを広げる治療を開始すると、大人の歯ならびになってからの治療(2期治療:こどもの治療だけできれいな歯ならびになる?の記事に詳しく記載しています。)で、歯を抜かずに治療できるようになります。(※抜かなければいけないこともあります)

また、あごを広げておくと、2期治療の治療期間が短くなります。できれば、ブラケットを付けて、ワイヤーによる2期治療期間は短いほうがいいですよね。

あごを広げる装置は、取り外しができるもの、できないものがありますが、当クリニックでは、なるべく清掃性のよい取り外しのできる装置を使っています。

治療する本人の協力が必要となりますが、こどもの矯正治療自体が、お子様のやる気や自覚を必要とするものですので、すぐには慣れることができなくても、説明をしながら、治療していくと問題はないと思っています。(子どもは大人以上に、すぐに慣れる子が多いものですよ!)

あごを広げる治療は、骨の成長が止まる前の治療ですので、治療開始時期を遅くならないよう、かかりつけ医か、専門医に早めに相談したほうがいいでしょう。

お子様の矯正について詳しくお知りになりたい方は是非、お気軽にご相談くださいね!

029-875-6773

関連記事

  1. つくば研究学園矯正以下クリニック

    筑波ふれあいの里

  2. つくばも雪が降ってます

  3. つくば研究学園矯正歯科クリニック

    年末年始休診のお知らせ

ご予約・お問い合せ

 

029-875-6773

診療時間

診療日/月曜~土曜日

午前10:00~12:00

午後14:30~18:30

休診日/日曜・祭日

※診療カレンダーをご確認ください。

ホームページ

住所

茨城県つくば市学園の森2丁目16-2

学園の森TOWN ※駐車場完備

アクセス

Facebook

【7月】【8月】の診療日・休診日

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

が休診日です。

2018年8
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30  31

が休診日です。

おすすめ記事

リンク

がくえんのもり小児歯科さん