矯正治療例 お子様の年代別 ①

矯正治療2-6歳 つくば研究学園矯正歯科クリニック
Pocket

こんにちは。

つくば研究学園矯正歯科クリニック院長秋山美文です。

今日は2歳半頃~6歳頃のお子さまについての矯正治療例をお話していきましょう。

矯正治療例・乳歯列が完成してから6歳臼歯が生えてくる前まで(主に2歳半~6歳頃)

矯正治療には、早めに問題のある歯ならびや噛み合わせを治す「早期治療」と、歯並びをワイヤーによる治療で治す「本格矯正」があります(歯を抜いて治療、または抜かずに治療)。

早く始めれば、すべて治るわけではありません。

成長発育期にあるお子様では、成長を利用して歯列を拡げたり、骨格の改善などで将来、歯を抜かずにすむ場合があります。

このように、子どもの早期矯正治療は、骨格が改善できるメリットなどがあります。

お子様の歯並びが気になったら、「大人になってから矯正すればいい」と考えずに、早めの相談をおすすめします。

乳歯列が完成してから6歳臼歯が生えてくる前まで(2歳半~6歳頃)

つくば研究学園矯正歯科クリニック

生活指導やあごの骨格改善が始められます
お子様によっても違いますが、矯正治療に協力的になれる年齢は、幼稚園でいえば、年中さんくらい。年中さんでも症状によっては、全然早すぎるくらいです。
それ以前に焦って始めても、長続きしないことがほとんどです。
この時期の矯正治療は「上あごの発達を促進」といった骨格改善が中心で、特に反対咬合、指しゃぶりなどのくせによる上顎前突、交叉咬合、開咬などは、この時期から治療を始めます。

気になる症状がある場合には是非お気軽にご相談ください。

 

つくば研究学園矯正歯科クリニック

関連記事

  1. 2周年

    2周年のご挨拶

  2. つくば研究学園矯正歯科クリニック

    歯の絵本⑧

  3. つくば研究学園矯正歯科クリニック

    スタッフ梅の矯正治療レポ①【矯正のきっかけ~矯正治療した歯と…

ご予約・お問い合わせ

診療時間

アクセス

住所

【3月】【4月】の診療日・休診日

おすすめ記事

Facebook

リンク

がくえんのもり小児歯科さん
PAGE TOP